【英語ビジネスメール】結びのフレーズに使える表現20選

英語ビジネスメール

こんにちは、たか(@takadayV1)です。

「英語のビジネスメールの終わりにはどんなことを書けばいい?」

こんな疑問を持たれている方はいませんか?

本記事では、よく使う結びの表現をご紹介させていただきます。

メールの終わりの文章をきっちり書くことで、相手との関係を良好なものにできます。

ぜひご覧いただければ幸いです。

【英語ビジネスメール】結びのフレーズに使える表現20選

Thank you for your cooperation. (ご協力を)よろしくお願いします。

Thank you for your cooperation. は相手の協力を求めるときに使える表現です。

英語には、日本語の「よろしくお願いします」に対応する表現がありません。

そのため、「よろしくお願いします」を表現するためには、場面に応じて適切な英語表現を使う必要があります。

例えば、同じ「よろしくお願いします」でも以下の表現があります。

例)Thank you for your attention. よろしくお願いします。(メールを読んで頂きありがとうございます) ※attentionは注意、配慮、気配りという意味。

We look forward to your reply. ご返信をお待ちしております。

「ご返信をお待ちしております」という締めくくりの表現は、どんなメールの内容にも合います。

類似の表現は以下の通りです。

・We await your reply. ご返信をお待ちしております。

・We await your early reply. 早期の返信をお待ちしております。 (返信が早めに欲しい場合は、earlyをつけましょう)

・We will be waiting for your reply. ご返信をお待ちしております。

・We will wait for your reply. ご返信をお待ちしております。

・We look forward to receiving a positive reply from you. よいお返事をいただけることを楽しみにしております。

We are hopeful that this will lead to a long-lasting relationship. 今後とも末永いお付き合いができるよう期待しております。

例)We hope that we may be do business with you in the future. これからもお付き合いをよろしくお願いいたします。

We hope we will continue to receive your kind cooperation in the future. 今後もご協力をよろしくお願いいたします。

We look forward to serving you again in the future. 将来ご用命いただくことを楽しみにしております。

取引が失敗に終わった場合に使える表現です。

見積を出しても発注をもらえないのは辛いものです。

ただ、相手方も発注できなかったことに対しては申し訳なく思っているはずです。

そこで、このポジティブな一文を添えておくことで、相手にいい印象を与えましょう。次の取引に活きてきます。

serve:尽くす、役に立つ

類似の表現は以下の通りです。

・We look forward to receiving your next order. 次回のご注文をお待ちしております。

・We look forward to your future patronage. またのご利用をお待ちしております。

Please do not hesitate to contact us. ご遠慮なくお問い合わせください。

「お気軽にお問い合わせください」というのも締めくくりとしてよく使えます。

類似の表現としては以下があります。

・If you have any questions, please do not hesitate to contact us.

・Should you have any questions, please contact us.

・Please feel free to contact me.

Thank you in anticipation. よろしくお願いします。(前もって御礼申し上げます)

相手への依頼メールの最後に書く表現です。

「Thank you in anticipation」を使用する際には注意点が1つあります。

それは、こちらの依頼に対して相手の承諾を前提としている点です。「依頼事項をやってもらえる」ということをニュアンスとして含んでいます。

これは、anticipationが「予期、予想」という意味を持っているためです。

そのため、使用する際はご注意ください。

同様の表現として以下があります。

・Thank you in advance.

I hope you will understand. ご理解いただけることを願います。

例)I am sorry, and I hope you will understand. 申し訳ありません。ご理解いただけることを願います。

Please accept my sincere apologies. 心からお詫びいたします。

謝罪の言葉でメールを締めくくるのも1つの方法です。

例)Please accept our apologies for not contacting you sooner. すぐにご連絡できず申し訳ありません。

I am looking forward to meeting you. お会いできるのを楽しみにしています。

アポイントや打ち合わせの約束をした際に使用できる締めくくりの表現です。

「楽しみにしている」と言われて、いやな気分になる人はいませんよね。

You have been of great assistance. 大変助かりました。

We look forward to being able to do business with you in the future. 将来お取引ができることを楽しみにしております。

まとめ

今回、英語ビジネスメールにおける結びのフレーズをご紹介しました。

ぜひご参考になれば幸いです。

私はTOEIC500から960取得まで、レアジョブでオンライン英会話をしていました。レアジョブはリスニング力強化、モチベーション維持の点でTOEICに効果的です。TOEICに特化した教材も用意されています。無料で体験レッスンを受けれるので、ぜひ試してみてください↓


TOEICで960を取得するまでに一番役に立った本は公式問題集でした。公式問題集で本番と同じ質の問題をこなすことで、最短ルートでスコアアップできます。



英語ビジネスメール
hisarararuをフォローする
東大院卒たかの英語学習法【TOEIC400→960】

コメント