【Q&A】TOEICテストお悩み1問1答集【TOEIC960取得者が回答】

TOEIC

こんにちは、たか(@takadayV1)です。

「TOEICは連続受験しても意味があるの?」

「TOEICの受験期間はどの程度空ければいいの?」

こんな疑問をもたれている方はいませんか?

本記事ではTOEICのよくある悩みについて、私の考えをまとめたものです。

ぜひみなさんのご参考になれば幸いです。

【Q&A】TOEICテストお悩み1問1答集

TOEIC公開テストを初めて受けるのはいつがベストか?

TOEIC公開テストをまだ受けられたことのない方は、なるべく早く受けたほうがいいです。

「試験料金がもったいない。もっと英語力が身についてからでいい」

「自宅で模試問題集をやっても時間が足りない。全て時間内に解けるようになってから、受験したほうが効率的では?」

こんな考えを持たれている方もいるかもしれません。

しかし、それでもすぐに受けに行くべきです。

英語力が不十分な状態でもTOEICを受けるメリットとして、以下の点が挙げられます。(私が感じた感覚です)

①リスニングが全然聞き取れない悔しさを味わえる

②リーディングが時間内に終えることができず、自分の無力感を味わえる

③周囲の受験生が自分よりも速いペースでページをめくる時に焦りを感じれる

さらに、追い打ちで、試験後に低い点数のスコア証明証が郵送されてきます。

現実を突きつけられるのは辛いものです。

しかし、TOEIC学習は全てそこから始まります。

ショックを受けるためにも、TOEICの公開テストは早い段階で受けることをおすすめします。

TOEICの連続受験は意味があるの?

TOEIC公開テストの連続受験は、基本的には意味がありません。

TOEICは年10回試験があります。単純計算で月1回程度です。

毎回受けても、1ヶ月で大きくスコアが変わることはありません。

(一日中ずっと英語を学習できる環境にいる場合は例外です。TOEICに特化して、1ヶ月学習すればスコアは大きく伸びる可能性もあります)

時間と受験料がもったいないため、連続受験はしないほうがいいです。

特に試験は半日ほど時間を取られます。また、公開テストは解答が配られないので、問題の解きっぱなしになります。せっかく解いても復習できないのはもったいないです。

ただし、どうしても短期間でスコアを10点でも20点でも上げる必要がある場合、連続受験をおすすめします。

なぜならTOEICは試験当日の体調によって点数が上下するからです。↓以下の記事もご覧ください。

【TOEIC直前】試験前日と当日の準備で30点アップ!

また、試験問題との相性によっても点数が上下します。

「TOEICのスコアは受験者の英語の実力をそのまま表す。だから、短期間で連続受験してもスコアは変わらない」という意見があります。これは誤りです。

受験当日の体調や、問題の難易度でスコアは少しですが増減します。

わずかでも点数を上げる必要がある場合は連続受験しましょう。

ただ、基本的には最初に述べたように連続受験は意味がない点にご注意ください。

TOEIC受験の期間はどの程度空けたほうがいいの?(ペースは?)

これは一概には言えません。

昇進や大学入試など短期間でスコアアップが必要な人は、頻繁にTOEICテストを受ける必要があります。

一方、英語学習のモチベーション維持、といった理由でTOEICテストを受けならば、期間を空けてもそれほど問題になりません。

※1つポイントですが、試験はできるだけ早く予約しましょう。「十分英語力が身についてから次のTOEICを予約しよう」はよくないです。だらだらと学習してしまうため、受験が後ろにずれていきます。先にTOEICを予約しておくことで、締切効果を働かせることができます。

勉強を継続しないと、TOEICのスコアは下がっていく?

勉強を継続しないと、TOEICスコアはゆるやかに下がります。

200点も300点も落ちることはないですが、100点ぐらいなら落ちます。

私は960点を取得した後、スコアに満足してしばらく英語学習を放置していたときがあります。

結果として、次にテストを受けたとき860点まで下がりました。

TOEICスコアを上げるためだけでなく、維持するためにも英語学習は継続しましょう。

スコアが下がった。勉強したのになぜ?

「勉強したのにスコアが下がった。」これはTOEICあるあるです。

TOEICの学習は、スコアとして表れるまでタイムラグがあります。

試験までに覚えた英単語、英文法、表現が試験問題に出なければ、点数には結びつきません。

また、時間配分を誤り本来解けたであろう問題を解けなかったり、当日のコンディションが悪かった場合にもスコアが下がる要因となります。

個人的な体感としては、プラスマイナス50点は最大で上下に揺れます。

例えば、前回700点取れたのに、次回は650点に下がる場合などです。

ただし、正しいやり方で取り組めば確実にスコアは上がります。

スコアが下がっても落ち込む必要はありません。

ただ、正しい学習方法が身についていない場合は、いつまで経ってもスコアアップにつながらないので問題となります。

以上です。※本記事は随時更新中です!

私はTOEIC500から960取得まで、レアジョブでオンライン英会話をしていました。レアジョブはリスニング力強化、モチベーション維持の点でTOEICに効果的です。TOEICに特化した教材も用意されています。無料で体験レッスンを受けれるので、ぜひ試してみてください↓


TOEICで960を取得するまでに一番役に立った本は公式問題集でした。公式問題集で本番と同じ質の問題をこなすことで、最短ルートでスコアアップできます。



TOEIC
hisarararuをフォローする
東大院卒たかの英語学習法【TOEIC400→960】

コメント