【完全版】TOEICスコアを履歴書に書くときのまとめ【QA形式】

TOEIC

こんにちは、たか(@takadayV1)です。

「TOEICのスコアは何点から履歴書に書けるの?」

「TOEICのスコアは履歴書に盛って書いても大丈夫?」

こんな疑問を持たれている方はいませんか?

グローバル化で英語の重要性が高まる中で、就職活動においても英語力が問われるようになっています。

ビジネス英語力を測る試験として、最も知られているのはTOEICです。

このTOEICのスコアを履歴書に書く際にいろいろ疑問点を持たれる方が多いようです。

本記事では、TOEICスコアを履歴書に書くときの疑問点について、私の回答を書かせていただきました。

ぜひご参考になれば幸いです。

【完全版】TOEICスコアを履歴書に書くときのまとめ【QA形式】

TOEICのスコアは何点から履歴書に書ける?

基本的に、私は600点以上であれば履歴書に書いてもいいと考えます。

TOEICの平均点が580点前後であることを考慮すると、600点は平均を超えています。

また、多くの企業で幹部社員に求めるTOEICスコアとして600点を採用しています。

そのため、600点以上は自信を持って書いていいスコアです。

800点や900点のように高いスコアでなくても堂々と書きましょう。

ただ、厳密には企業によって社員に求める英語力が異なるため、一概には言えません。

TOEICのスコアは、企業が社員に求めている英語力次第で評価が変わります。

例えば、企業が幹部社員に求めている要件が500点であれば、600点を履歴書に書くとアピールになります。

一方、「全社員はTOEIC800点取得が求められる」のような会社であれば、TOEIC600は逆にアピールポイントになりません。

あなたのTOEICのスコアは応募する企業によって、評価が変わります。

応募する企業が社員に求めている英語の要件を調べ、適宜履歴書に書くかどうか判断するしかありません。

※TOEIC300,400のように低いスコアでなければ、基本的には書いたほうがいいです。ある程度点数があるのに、記載がないと「TOEICの点数が低いのからあえて書いていないのか?」と疑問を持たれます。

TOEICのスコアはどのように履歴書に書くの?(正しい表記は?)

TOEICのスコアは以下のように履歴書に記載しましょう。

「2018年12月 TOEIC公開テスト 600点取得」

ここで「公開テスト」と書くのがポイントです。

TOEICには、公開テスト以外にもTOEIC BridgeやTOEIC IPテストなどがあります。

面接官が分かるようにはっきり公開テストと明記しましょう。

TOEIC IPのスコアを履歴書に書いてもいいの?

TOEIC IPのスコアを履歴書に書いても問題ありません。

TOEICの公式サイトでも、「公開テストとIPテストはどちらを受験しても有効性は変わらない」と明記されています。

しかし、企業によってはTOEIC IPのスコアを認めていないことがあります。その場合は、履歴書には書かないようにしましょう。認めていないのに書いても、マイナスの評価になるだけです。

もし、企業がIPを認めているか認めていないか不明な場合は、TOEIC IPのスコアを書いておきます。

その際、以下のようにあえて公開テストとは書かないようにします。

「2018年12月 TOEIC 600点取得」

面接時に聞かれることはないかと思いますが、TOEIC公開テスト?かTOEIC IPか?と聞かれたら正直にIPと答えましょう。

※TOEIC IPテストとは学校や企業で団体受験をする際のテストのことです。TOEIC公開テストの過去問が使用されます。

バイトの応募でもTOEICスコア書いたほうがいい?

バイトの応募には、TOEICのスコアの記載は基本的には不要です。

カフェや居酒屋などのバイトでは英語を使わないのであえて書く意味はありません。

家庭教師など英語を使うバイトの場合は、履歴書にTOEICスコアを書くようにしましょう。

TOEICスコアは何年間有効?昔のスコアを履歴書に書いていいの?

TOEICスコアには有効期限がありません。

一度取得すると、そのスコアはずっと有効です。

有効期限がないことはTOEICの公式サイトでも明記されています。

しかし、「TOEICのスコアの有効期限は2年間」と誤った認識を持つ人が中にはいます。

なぜかというと、TOEICの公式認定書を再発行したい場合、取得から2年間のみになります。つまり、2年以上前の公式認定証は再発行されないのです。

ここから、2年間のみスコアが有効、と勘違いする人が発生しています。

ただ、履歴書に書くのは何年前に取得したものでも効力は同じです。

昔のスコアであっても、高スコアなのであれば堂々と履歴書に書きましょう。

昔のスコアを書くときに年月日も書いたほうがいいの?

昔のスコアを履歴書に書く場合、履歴書に取得年月を記載する項目がなければ、特に取得年月は書かなくていいです。

スコアは一度取れば、ずっと有効です。

しかし、人間の心情として、「昔のTOEICスコアが高くても、今の英語力は低いんじゃないか?」と考える人もいるでしょう。

そのため、取得年月がかなり昔なのであれば、無理に履歴書に記載する必要はありません。

かなり前に取得したスコアであれば、できるだけ年月は書かないようにしましょう。

もちろん、最近取ったスコアであれば年月は書いて損はありません。

スコアは嘘ついていい?(盛っていい?)

TOEICのスコアを履歴書に書くときに盛って書く人がいます。

例えば、500点の人が700点というように、実際のスコアより高く記載するケースです。

TOEICのスコアを盛りたい気持ちはよく分かります。

しかし、私は基本的には盛らないほうがいいと考えています。

なぜなら、以下のケースが想定されるからです。

・入社後に公式認定証の提示を求められる場合がある

・英語ができる人として、配属先の部署で期待される

・入社後にTOEICのテストが行われた場合、スコアに大きな差があると人事から呼び出される可能性がある

こうしたリスクがあります。

最悪の場合、経歴詐称のため入社取り消しになります。

もし、TOEICスコアを盛る場合は上記のリスクを認識した上で盛ってください。

そして、入社までに履歴書に書いたスコアを超えれるように努力しましょう。

まとめ

今回、TOEICスコアを履歴書に書くときの様々な疑問点について、回答をまとめました。

ぜひご参考になれば幸いです。

私はTOEIC500から960取得まで、レアジョブでオンライン英会話をしていました。レアジョブはリスニング力強化、モチベーション維持の点でTOEICに効果的です。TOEICに特化した教材も用意されています。無料で体験レッスンを受けれるので、ぜひ試してみてください↓


TOEICで960を取得するまでに一番役に立った本は公式問題集でした。公式問題集で本番と同じ質の問題をこなすことで、最短ルートでスコアアップできます。



TOEIC
hisarararuをフォローする
東大院卒たかの英語学習法【TOEIC400→960】

コメント