あなたがレアジョブで最適な講師を見つけるために知っておくべきこと8選【685回受講】

オンライン英会話

こんにちは、たか(@takadayV1)です。

レアジョブを利用中のみなさん、講師探しに悩まれていませんか?

レアジョブは講師の人数が多く、自分に合う講師を探すのが大変ですよね。

私はレアジョブで685回レッスンを受けてきました。

その中で、講師によって教えるスキルが天と地ほど違いがあることを感じました。

スキル不足の講師とレッスンをすれば、貴重な25分間が無駄になります。

一方、いい講師とレッスンできれば、英会話力を効率よく上げることができます。

あなたの英会話力向上のためには、いかにいい講師と出会うかが重要です。

今回、様々な講師とレッスンを受けてきた経験を踏まえ、最適な講師の選び方をご紹介します。

重要度の高い順に記載していますので、ぜひご覧ください。

レアジョブで最適な講師を選ぶために知っておくべきこと

①ビデオレッスンできる講師を選ぶ。

どの講師にしようか迷った場合、ぜひビデオレッスンが可能な講師を選んでください。

ビデオレッスンができる講師を選ぶと当たりの場合が多いです。

これには以下の理由があります。

(1)ビデオには顔の表情、姿勢、動作などが全て映るため、レッスン中に手を抜けない。

→生徒が見ている前で、やる気のない態度を取れる講師はいません。逆に言うと、ビデオレッスンが可能な講師は、見られても大丈夫なぐらいレッスンに前向きだということです。講師の目を見ることで教える熱意がどの程度か伝わってきます。

(2)講師の表情を見れるので、言葉では伝わらないNon-Verbalな情報を得られる。

→音声だけだと、どうしてもコミュニケーションにギャップが生まれます。映像があれば、例えば講師がどのような気持ちで発言しているのかより正確に理解することができます。

個人的な経験の範囲ですが、ビデオレッスンを行った講師の中で、やる気のない講師は少なくとも1人もいませんでした。

もし可能であれば、生徒側である自分たちもビデオを使えば、よりレッスンが効果的になるかと思います。(恥ずかしいという理由や、いつもラフな格好でレッスンを受けていたことから、私は使ってはいませんでしたが。)

ビデオ可能な講師とぜひレッスンしてみてください。

②ブックマーク数の多い講師を選ぶ

レアジョブではブックマーク数順に講師を並び替えて検索できる機能があります。

※生徒はお気に入りの講師をブックマーク登録することで、レッスンの予約が簡単にできるようになっています。

単純に「ブックマークが多い=多くの生徒に支持されていて、スキルのある先生」と考えてOKです。

ブックマーク数の多い講師を選ぶようにしましょう。

③会話が弾む講師よりも、ためになる講師を選ぶ。

いい講師には2パターンあると私は考えています。

(1)共通の盛り上がる話題があるなど、会話が弾んで楽しい講師。

(2)話すたびに文法のミスなどを指摘してくる、ためになる講師。

英会話を行う目的にもよりますが、私はためになる講師を選ばれた方がよいと考えます。

話していて楽しい講師は、レッスン中は幸せです。

私は、ハンターハンターやテニスの王子様などのジャンプ漫画や、ゲームの話が好きで、そうしたテーマではテンションが上がりました。

文法が多少適当でも話は伝わります。

特に文法のミスも指摘されず、会話の流れはスムーズです。

英会話をただ楽しめればいい、という方にはこうした講師はお勧めです。

しかし、英会話を上達させたいのであれば、以下の④のようなためになる講師を選んでください。

④Skypeのチャットに発言と修正文を書いてくれるような、ためになる講師がお勧め。

私の英語に誤りがあった際、その発言内容と修正文をSkypeのチャットボックスに書いてくれる講師がいました。(20歳代・女性)

この講師のおかげで、自分が細かい文法のミスを何度も行なっていることに気づくことができました。

三単現のsを入れ忘れたり、過去形を使うべきところなのに現在形を使ったり。。

同じミスを何度も繰り返しましたが、その度に飽きずに修正をしてくれました。

しかも、彼女のタイピングスピードはかなり速く、ストレスフリーでした。

この講師は、出会った中で最もスキルのある講師でした。

こうした講師は、少し話すたびに修正を入れてくれるので、会話が途切れがちになってしまうデメリットはあります。

しかし、英会話上達のためには、まずは一文一文を正確に作る力が必要です。

その意味で丁寧に添削してくれるこの講師には大変感謝しています。

こうした丁寧に添削してくれる講師から何度も指摘をもらうことで、英会話力が飛躍的に上昇します。

レッスン後に復習できるように、チャットボックスの内容をコピーして、Evernoteに貼り付けていました。

このような講師に出会われた場合はぜひお気に入り登録をしましょう。

⑤日本語を話せる講師は、レッスンに前向きな姿勢を持っている。

レアジョブでは、「簡単な会話は可能」「日常会話が可能」のように、日本語の習熟度で講師を検索することができます。

英語の初級者向きに用意された機能です。

しかし、レッスン中に日本語が不要な方でも、日本語を話せる講師を選ばれることをお勧めします。

なぜなら、日本語を話せる講師はレッスンに前向きに取り組む可能性が高いからです。

普通のフィリピン人は日本語が話せません。

それにも関わらず、日本語が話せるということは

・日本の文化に関心がある。(漫画、芸能人、ゲーム、ファッション)

・レアジョブで多くの生徒を獲得したい。

・将来日本で働きたい。

のいずれかの理由で、日本語を学習したと考えられます。

日本人とのレッスンに対して、意欲的に取り組む可能性が高いのでおすすめです。

レッスンでは、なぜ日本語が話せるのか聞いてみるのもいいかもしれません。

⑥英語を話す主体はあなた。自分語りが多い講師は避ける。

講師の中にはおしゃべり好きな講師がいます。

悪気がある訳ではないのですが、後から振り返ると8対2の割合で講師が喋っていた、というレッスンもありました。

リスニング力を鍛えるという点では、ひたすら聞くことにも意味はあります。

また、話を聞いてくれる生徒は少ないので、単純に講師に好かれます。

しかし、オンライン英会話はアウトプットをする場です。

自分が主導権を持って、英会話をするようにしましょう。

※もちろん、一方的に自分の話ばかりするのもよくありません。自分が話すぎていると思ったら、ある程度は講師に対して質問したりして、バランスを取りましょう。

⑦講師の年齢は近いほうが共通のネタで盛り上がりやすい

講師と自分の年齢は近い方がいいです。

同年代だと会話の波長が合いますし、共通のネタも多く見つかります。

例えば、20代であれば日本の有名な漫画の名前を出してみると、食いついてくれることが多かったです。

また、流行りの洋楽を教えてもらったり、YouTubeのお勧めのPVを教えてもらったり有益な情報をもらうこともありました。

⑧講師歴が長くても教えるのが下手な講師、やる気がない講師がいる。

レアジョブには講師歴が長い講師がいます。(例えば7年)

「これだけ長く教えているのだから、スキルが高いに違いない!」と考え、講師歴で決定したことがあるかもしれません。

しかし、学校の先生を想像してもらえばいいのですが、おっちゃん、おばちゃんであるほど授業が分かりやすいかというとそうではありません。(むしろ若い人ほど意欲的なことがあります。)

講師の中には、生活のため、お小遣いのためと、いやいやレッスンをしている人が一定数います。

結果として、スキルは向上せず、講師歴だけが積み上がった講師になります。

そうした講師は避けなければいけません。

個人的な主観ですが、講師歴は1年以上あれば十分だと考えています。

1年あれば他の要素で講師を決めた方がいいです。

まとめ

今回、レアジョブで最適な講師を見つける上で知っておくべきことをご紹介させていただきました。

みなさんがよりよい講師からレッスンを受けられるようになれば幸いです。

私はTOEIC500から960取得まで、レアジョブでオンライン英会話をしていました。レアジョブはリスニング力強化、モチベーション維持の点でTOEICに効果的です。TOEICに特化した教材も用意されています。無料で体験レッスンを受けれるので、ぜひ試してみてください↓


TOEICで960を取得するまでに一番役に立った本は公式問題集でした。公式問題集で本番と同じ質の問題をこなすことで、最短ルートでスコアアップできます。



オンライン英会話
hisarararuをフォローする
東大院卒たかの英語学習法【TOEIC400→960】

コメント